RIHANNA

rihanna-gaze

Rihanna (リアーナ)
本名:Robyn Rihanna Fenty(ロビン・リアーナ・フェンティ)
生年月日:1988年2月20日(26歳)
Rihanna(リアーナ)はバルバドス、セントミッシェル出身のレコーディングアーテイスト、女優、ファッションデザイナー。

2003年に共通の友人達を通して、プロデューサーのEvan Rogers(イヴァン・ロジャース)に会い、Rogersの指針の元、デモテープを録音。
Rihannaのデモテープはいくつかのレコードレーベルに送られ、当時のCEO、兼ラッパーのJay-Z(ジェイ・Z)とのオーディション後、Def Jam Recordings(デフ・ジャム・レコーディングス)と契約した。

デビューアルバム『Music of the Sun(ミュージック・オブ・ザ・サン)』(2005年)、そしてそのアルバムに次ぐ『A Girl Like Me(ア・ガール・ライク・ミー)』(2006年)、この2つのアルバムがUS Billboard200(ユーエス・ビルボード200)のトップ10位内にランクインし、US Billboard Hot 100(ユーエス・ビルボード・ホット100)に2つのヒットシングル“Pon de Replay(ポン・デ・リプライ)”と、Hot 100で初めてチャート1位を獲得した“SOS(エス・オー・エス)”が生まれた。
3枚目のスタジオアルバム『Good Girl Gone Bad(グッド・ガール・ゴーン・バッド)』(2007年)、そしてこのアルバムのリードシングル“Umbllera(アンブレラ)”はRihannaのキャリアの中でも偉大な大躍進で、Rihannaの名前を世に広めることになった。
このアルバムと2008年のリロードバージョンは世界的なヒットシングル“Don’t Stop the Music(ドント・ストップ・ザ・ミュージック)”、“Take a Bow(テイク・ア・バウ)”、“Disturbia(ディスタービア)”を生み出した。
このアルバムは9つのグラミー賞にノミネートされ、“Umbrella(アンブレラ)”は最優秀ラップ・コラボレーション賞を勝ち取った。

当時のボーイフレンドで、エンターテイナーのChris Brown(クリス・ブラウン)とのケンカを公表し、2009年11月に4枚目のアルバム『Rated R(レイティッド・アール)』をリリースした。このアルバムに続き、3枚のアルバム『Loud(ラウド)』(2010)、『Talk That Talk(トーク・ザット・トーク)』(2011)、そして初のBillboard200(ビルボード200)で1位を獲得した『Unapologetic(アンアポロジェティック)』(2012)が制作された。同年、Rihanna初となる劇場フィーチャリング映画Battleship (バトルシップ)に出演した。
3000万のアルバムと1,2億枚のシングルを世界で売り、最もよく売れたアーティストに名を連ねた。このような“Umbrella(アンブレラ)”、“Take a Bow(テイク・ア・バウ)”、“Disturbia(ディスタービア)”、“Only Girl(In the World)(オンリーガール・イン・ザ・ワールド)”、“S&M(エス・アンド・エム)”、“We Found Love(ウィー・ファウンド・ラヴ)”“Diamonds(ダイアモンズ)”、“Stay(ステイ)”などの、曲の多くが、最も売れたシングルにランクインした。
ソロ活動に加えて、世界的なヒットの“Live Your Life(リブ・ヨア・ライフ)”(T.I.)(ティーアイ)、“Run This Town(ラン・ディス・タウン)”(Jay-Z,Kanye West)(ジェイ・ジー、カニエ・ウエスト)、“Love the Way You Lie(ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ライ)”と“The Monster(ザ・モンスター)”の両作品をEminem(エミネム)とコラボレーションし、リアーナは様々な他のアーティストとコラボレーション作品を制作した。

Billboard Hot 100に13曲のチャート1位を獲得し、最も若く、早いソロアーティストとして偉業を成し遂げた。BillboardはRihannaを2000年代のデジタルソングアーティストと2010年代のHot100(ホット100)アーティストとした。Rihannaはしばしば自身のスタイルやイメージを完全に作り直すことでよく知られており、Good Girl Gone Bad(グッド・ガール・ゴーン・バッド)以来、その傾向が大変著しい。

作品は、7つのグラミー賞、8つのAmerican Music Awards(アメリカン・ミュージック・アワード)、22つの Billboard Music Awards(ビルボード・ミュージック・アワード)、そして二つのBRIT Awards(ブリット・アワード)を含め、たくさんの賞と称賛を得た。
2011年5月から2012年5月の間、5300万を稼ぎ、フォーブス誌の、その年の最も有力なセレブの4位にランクインした。同年、タイム誌はRihannaを世界で最も影響力のある100人の1人に指名した。
2013年のAmerican Music Awardsにて、初めてのIcon Awards(アイコン・アワード)を受賞した。2014年6月2日には、ファッション・アイコン終生功績賞(Fashion Icon lifetime achievement award )を、アメリカファッションデザイナー評議会から受賞した。

Life and career
1988-2002:初期のキャリア
Robyn Rihanna Fenty(ロビン・リアーナ・フェンティ)は1988年2月20日、バルバドスのセイントミッシェルに生まれた。
母はMonica Braithwaite(モニカ・ブライスウェイト)、アフロガイアナ人、会計士を退職。そして、父親はRonald Fenty(ロナルド・フェンティ)、バルバドス人とアイルランド人の子孫、倉庫監督者である。
Rihannaには、Rorrey(ロレイ)とRajad Fenty(ラハド・フェンティ)という2人の兄弟がおり、父親の以前の関係の、それぞれ違う母親を持つ、2人の異母姉と、1人の異母兄がいる。
ブリッジタウンの3つ寝室があるバンガローで育ち、父と共に路上の露店で服を売っていた。 子供時代は父のコカインとアルコール中毒によって、深く影響をもたらされている。レゲエを聴いて育ち、7歳ごろ歌い始めた。チャールズ・エフ・ブルーム記念初等学校(Charles F. Broome Memorial Primary School)とカンバミア高等学校に出席し、クラスメートの2人とミュージカルトリオを結成した。
Rihannaは下位軍軍隊プログラムに所属する隊の候補生だった。またシンガーソングライターのShontelle(ションテル)はRihannaのドリル下士官だった。当初Rihannaは高校を卒業したかったのだが、代わりに音楽のキャリアを追及することを選んだ。

2003-2006:始まりと初期のリリース
2003年12月、バルバドスの共通の友人達を通して、休暇中のEvan Rogers(エヴァン・ロジャース)に会った。RogersはRihannaの歌唱能力を聞き、Rogersのオーディションのために、ホテルに来られるかを尋ね、そこでRihannaは披露する楽曲として“Emotions(エモーションズ)”と“Hero(ヒーロー)”歌った。これに感銘を受けたRogersは、自分のホームがあるアメリカのコネティカット州にRihannaと、Rihannaの母親を連れてきて、いくつかのデモテープを録音した。RihannaはRogersとSturken(スターケン)のプロダクション会社、 Syndicated Rhythm Productions(シンディケイティッド・リズム・プロダクション)と契約し、弁護士とマネージャーを割り当てられた。
2004年には、Def Jam Recordings (デフ・ジャム・レコーディング)を含む、いくつかのレコードレーベルに4曲デモテープが配送された。Def Jam A&RエグゼクティブであるJay Brown(ジェイ・ブラウン)にのデモテープが渡り、当時のCEO、兼ラッパーのJay-Zに披露された。Rihannaについて懐疑的であったにも関わらず、Jay-ZはレーベルのオーディションにRihannaを招待した。オーディションの後、Def Jam Recordingsと契約した。
2005年二月に、Jay-Zとインダストリアル・エグゼクティブのL.A.Reid(エルエー・レイド)のオーディションのためにニューヨークへ行き、Whiteny Houston(ホイットニー・ヒューストン)バージョンの“For the Love of You(フォー・ザ・ラヴ・オブ・ユー)”とオリジナル楽曲の“Pon de Replay(ポン・デ・リプライ)”、“The Last Time(ザ・ラスト・タイム)”を歌った。他のレーベルと歌う可能性を妨げるために、RihannaはDef Jamで6つのアルバム制作を待遇するよう即座に契約させられた。
RihannaはラッパーのMemphis Bleek(メンフィス・ブリーク)の4枚目のスタジオアルバム『534』でコラボレイトし、リアーナのデビューアルバムのレコーディングに、その翌3か月を費やした。プロダクションから Rogers、 Sturken、 StarGate(スターゲイト)そしてPoke & Tone.(ポーク・アンド・トーン)らと、アルバムをフィーチャーした。
デビューシングル“Pon de Replay(ポン・デ・リプライ)”は、世界的な成功を記録し、US Billboard Hot100、UK Singles Chart(ユーケー・シングル・チャート)での2位を含み、15か国でトップ5に達した。 デビューアルバム“Music of the Sun”は2005年8月にリリースされた。Billboard 200上で10位でデビューし、Recording Industry Association of America(レコーディング・インダストリー・アソーシエイション・オブ・アメリカ)からゴールドディスクを受賞し、500,000ユニット以上の積荷量を記した。アルバムは世界中で200万枚以上売れ、ローリングストーン誌における混成批評で、5つ星中2.5を与えられ、再生価値、独創性、リズムが欠けていると評価された。Slant Magazine(スラント・マガジン)のSal Cinqueman(サル・シンクマン)はこのアルバムを「ティーンR&B女性歌手の過剰供給だ」と表現し、先行シングルは「Beyonce(ビヨンセ)のBaby Boy(ベイビーボーイ)への汗とシミー(shimmy;1980年頃アメリカではやったジャズダンス)をたくさん拝借しているダンスホールポップミクスチャー」だと表現した。セカンドシングル“If It’s Lovin‘ that You Want(イフ・イッツ・ラヴィン・ザット・ユー・ウォント)”は前作の成功と同じ程ではなかったが、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランドでトップ10入りを達成した。
音楽に加え、DVD映画で光る端役として女優デビューを果たした『Bring It On:All or Nothing(ブリング・イット・オン:オール・オア・ナッシング)』が2006年8月にリリースされた。デビューアルバムのリリース後の1か月、セカンドスタジオアルバム制作に取り組み始めた。Rogers、Sturken、StarGate、J.R.(ジェイ・アール)、J.R.Rotem(ジェイ・アール・ロテム)とレーベルメイト・シンガーソングライターのNe-Yo(ニーヨ)がアルバムの制作と楽曲制作に取り組んだ。2006年4月にA Girl Like Meがリリースされた。批判的な反応が混合された、このアルバムをRolling Stone誌(ローリング•ストーン)は「彼女の小曲満載のデビューアルバム、この類似品は、優れたフォローがあっても、リードシングルの独創性さと同じく、何も期待に応えない。」とコメントした。アルバムは13カ国でトップ10にチャートインし、商業的な成功だった。アルバムはカナダで1位に達し、アメリカ、イギリスでリリース第1週目に115,000枚を売り上げ、5位となった。リードシングル“SOS”は、カナダ、ドイツ、ニュージーランド、そしてイギリスを含む11カ国でトップ5にチャートインし、国際的な成功を収めた。US Billboard Hot 100、そしてオーストラリアでは1位に達し、このチャートポジションに初めて達した。
このアルバムのセカンドシングル”Unfaithful(アンフェイスフル)”は、カナダとスイスの1位を含め、18カ国でトップ10に達した。後にSean Paul(ショーン・ポール)とフィーチャーリングする”We Ride(ウィー・ライド)” 、 “Break It Off(ブレイク・イット・オフ)”もまた、シングルとしてリリースされた。アルバムのリリースに続いて、最初のヘッドライナーツアー Rihanna:Live in Concert Tour(リアーナ:ライブ・イン・コンサートツアー)に着手し、並行してJay-ZとNe-YoのRock Tha Block Tour(ロック・ザ・ブロックツアー)にも出演した。さらに、The Pussycat Dolls(ザ・プッシーキャット・ドールズ)のPCDワールドツアーに参加した。

2007–09: Good Girl Gone Bad and Rated R
3枚目のスタジオ•アルバム、『Good Girl Gone Bad(グッドガールバッドゴーン)』は、リアーナはTimbaland(ティンバランド)、will.i.am(ウィル・アイ・アム) 、 Sean Garrett(ショーン•ギャレット)によってプロデュースされたアップテンポなダンストラックを通して、新たな音楽の方向を受け入れた。
このアルバムは2 007年5月にリリースされ、ブラジル、カナダ、アイルランド、日本、ロシア、イギリスを含む複数の国でチャートインし、オーストラリアとアメリカで2位となった。アルバムは、3枚のアルバムの中で、最も肯定的な批評を受けた。
リードシングル”Umbrella”は、13カ国でチャートインを突破し、10週連続でイギリスで1位を維持し、1994年に15週間チャートのトップにランキングしていたWet Wet Wet(ウェット・ウェット・ウェット)のシングル “Love Is All Around(ラヴ•イズ•オール•アラウンド)以来最も長く売れているシングル1位となった。660,000万枚以上の売上で、世界で最も売れたシングルのひとつと言われるRihanna初のシングルとなった。楽曲”Shut Up and Drive(シャットアップ・アンド・ドライブ)”、”Hate That I Love You(ヘイト・ザット・アイラヴユー)” featuring Ne-Yo、 “Don’t Stop The Music(ドント・ストップ・ザ・ミュージック)”もまたシングルとしてリリースされた。アルバムのサポートでは、2007年9月にGood Girl Gone Bad Tour(グッドガール・ゴーン・バッドツアー)が始まり、80回の公演でアメリカ、カナダ、そしてヨーロッパを縦断した。Rihannaはいくつかの2008年グラミー賞にノミネートされ、Jay-Zと共に、最優秀ラップ/歌唱コラボレーション賞を受賞した。
2008を通して、Kanye West(カニエ•ウェスト)、 Lupe Fiasco(ルーペフィアスコ)、そしてN.E.R.D(エヌ・イー・アール・ディー)らと共にGlow in the Dark Tour (グロウ・イン・ザ・ダークツアー)を行う。3枚目のスタジオ•アルバムの再発行された、『Good Girl Gone Bad: Reloaded(グッドガール・ゴーン・バッドガール:リローディッド)』は3曲の新曲”Disturbia(ディスタービア)””Take a Bow”と、Maroon 5(マルーン・ファイブ)との”If I Never See Your Face Again(イフ・アイ・ネヴァー・シー・ユー・アゲイン)”と一緒に2008年6月にリリースされた。この三曲ともすべてシングルとしてリリースされ、ランキング上位にチャートインし、世界中の高いポジションへ到達した。2008年8月には、RihannaとBeyoncé(ビヨンセ)、Mary J. Blige(メアリー•J.ブライジ)、そしてMariah Carey(マライア•キャリー)を含む、大勢の他の女性歌手らが、抗がんキャンペーンStand Up to Cancer(スタンドアップ・トゥ・キャンサー)のテーマソングとして、チャリティーシングル”Just Stand Up!(ジャスト・スタンド・アップ)”をレコーディングした。T.I.(ティー・アイ)とのデュエット “Live Your Life(リブ・ユア・ライフ)”は、11月にリリースされ、Billboard Hot 100のトップになり、世界中の13カ国でトップ10に達した。リミックスアルバ『 Good Girl Gone Bad: The Remixes(グッド•ガール•ゴーン・バッド:ザ リミックス)』が2009年1月にリリースされた。 Good Girl Gone Badはアメリカだけでも280万以上を売り上げ、RIAAから2度、プラチナ賞(platinum certification)を受賞した。これまでアメリカでRihannaの最も売れたアルバムだ。このアルバムは世界で700万枚以上売れた。後半2008年まで、8枚目のシングル “Rehab(リーハブ)”がチャートに留まり、Entertainment Weekly (エンターテインメント・ウィークリー)はRihannaの「新発見の持久力」を、Diva of the Year(ディーバ・オブ・ザ・イヤー)と命名した。
2009年初頭に、4枚目のスタジオ•アルバム 『Rated R(レイティッド・アール)』の制作に取り組み始めた。その一方で、Jay-Zの11枚目のスタジオアルバム 『The Blueprint 3(ザ・ブループリント・スリー)』からのセカンドシングル”Run This Town(ラン・ディス・タウン)”を、Jay-ZとKanye Westと コラボレイトした。この楽曲はBillboard Hot 100で2位に達し、そして他の10か国でトップ10位に達している。 『Rated R』 はRolling Stone 誌にRihannaが「彼女の音を転換し、今年1番のポップスレコードを作った」ことを示されると共に、2009年11月にリリースされた。このアルバムの先行シングル、 “Russian Roulette(ロシアンルーレット)”は、ノルウェー、スイスで1位に達し、その他16か国でトップ10位を作り上げ、商業的な成功を収めた。 Young Jeezy(ヤング•ジージー)との”Hard(ハード)”、 “Rude Boy(ルード•ボーイ)”のリリースは、これに続いた。後者は、このアルバムからの最大の世界的な成功で、6週間US Billboard Hot 100にチャートインし、その他22カ国でトップ10のポジションに到達した。2つの他のシングルは、このアルバム:”Rockstar 101(ロックスター・101)” with Slash(スラッシュ) と “Te Amo(ティ・アモ)”からリリースされた。Rated R: Remixed (レイティッド・アール・リミックス)は2010年春にリリースされ、Chew Fu(チュー•フー)によるリミックスされた10曲をフィーチャーした。アルバムのプロモーションのために、Rihannaは 自身の2回目となる世界ツアーLast Girl on Earth Tour(ラストガール・オン・ディ・アース)に乗り出した。第52回グラミー賞では、 “Run This Town(ラン・ディス・タウン)”が最優秀ラップソングと最優秀ラップ/歌唱コラボレーションを受賞。

 

2010〜11: Loud and Talk That Talk
2010年夏には、ラッパーEminemと “Love the Way You Lie(ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ライ)”をコラボレーションし、偉大な世界的成功を収め、20カ国以上で1位に達した。この曲はRihannaのキャリア上、7回目のアメリカ1位で、チャートの歴史の中で、最も1位になったことがあるアーティスト5位の女性アーティストとなった。2位に達した曲は、イギリスの2010 年最大のベストセラー曲となり、そしてイギリスで100万枚以上売れたRihanna初のシングルになった。Rihannaはまた、Kanye Westのアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy(マイ・ビューティフル・ダーク・ツイスト・ファンタジー)』からのシングル ”All of the Lights(オール・オブ・ザ・ライト)”を、John Legend (ジョン•レジェンド)、The-Dream(ザ-ドリーム)、Elly Jackson(エリー•ジャクソン)、Alicia Keys(アリシア•キーズ)、Fergie(ファーギー)、Kid Cudi(キッド•カディ)、そしてElton John(エルトン・ジョン)らと共に歌った。2010年10月には、Jay-Zの Roc Nation Management(ロック・ネイション・マネジメント)に参加し、マネージャーを変えた。
『Loud(ラウド)』は、Rihannaの5枚目のスタジオのアルバムで、その翌月にリリースされた。リードシングル “Only Girl (In the World)(オンリーガール・イン ザ ワールド)”は、オーストラリア、カナダ、イギリス、アメリカを含む15カ国で1位に達した。このアルバムのセカンドシングル “What’s My Name?(ファッツ・マイ・ネーム)” はラッパーのDrake(ドレイク)とフィーチャリングし、またアメリカとイギリスで1位に達し、5年連続イギリスシングルチャート1位になった初の女性ソロアーティストとなる。この曲は”Only Girl (In the World)”の前にBillboard Hot 100 で1位に達し、チャートの歴史上、初めてセカンドシングルの後で、アルバムのリードシングルが1位となった。サードシングル”S&M(エス&エム)”は、Hot 100でBritney Spears(ブリトニー・スピアーズ)とフィーチャリングしたオフィシャルリミックスのリリースに続き1位を獲得し、Rihannaの10枚目の1位獲得シングルとなり、トップチャートを持つ女性ソロアーティストの間で4番目の Janet Jackson(ジャネット•ジャクソン)と同位だった。たった4年と11か月2週間で、Rihannaの1枚目と10枚目の間にチャート1位となり、10人のチャート上位者の中でも最速の累積に、ソロアーティストとしての記録を樹立した。
2011年2月には、”Only Girl (In the World)”は第53回グラミー賞でベストダンスレコーディング賞を受賞。”Man Down(マン・ダウン)”、 “California King Bed(カリフォルニアキングベッド)”は、2011年5月のシングルとしてリリースされ、並み程度の成功を収めた。”Cheers (Drink to That)(チアーズ・ドリンクトゥーザット)”は、Avril Lavigne(アヴリル•ラヴィーン)の2002年のシングル”I’m with You(アイム・ウィズ・ユー)”に差し込みリリースされた6枚目そして最後のシングルで、イギリス20位に達し、アメリカでは10位だった。アルバムのプロモーションのために、 Loud Tour(ラウド・ツアー)を2011年6月に行い、 ロンドンのThe O2 Arena (ザ•オーツー・アリーナ)で10夜を完売。会場の歴史の中で、女性アーティストで最もソールドアウトしたショーとなった。2011年のワールドツアーは7番目に高い収益のツアーだった。ロンドン最後の3ショーは、Rihannaの2枚目のライブビデオアルバムのために撮影された。Loud Tour Live at the O2(ラウドツアー・アット・ディ・オーツー)と題し、2012年12月18日にリリースされた。
Rihannaの6枚目のアルバム『Talk That Talk(トーク・ザット・トーク)』は、2011年11月にリリースされた。このアルバムは198000枚の売り上げでBillboard 200 に3位、イギリスで1位、163,000枚を売り上げデビューした。リードシングル”We Found Love(ウィー・ファウンド・ラヴ)”は世界中の27カ国でチャートインし、 30カ国でトップ10入りをして、世界中の記録を破った。10週連続ではないが、Billboard Hot 100に達し、Rihannaの最も長く売れ続けているナンバーワンシングルと、最も長く売れ続けている2011年の1位になった。この曲は後にBillboard Hot 100 で史上24番目の最大のヒットと名付けられた”You Da One(ユー・ダ・ワン)”、Jay-Zとフィーチャーした、より攻撃的なトラックが、アルバムからセカンド、サードシングルとしてリリースされ、並み程度の成功を収めた。前者はイギリスとアメリカでトップ20に達した。”Where Have You Been(ウェア・ハブ・ユー・ビーン)”は5枚目のシングルで、世界的に成功したチャートで、アメリカ5位、イギリス6位に達した。”Cockiness (Love It)(コキネス・ラヴイット)”はアルバムの6枚目と最終シングルとしてリリースされ、ラッパーの ASAP Rocky(エー・エス・エー・ピー・ロッキー)とフィーチャリングしたリミックス形式のアルバムとしてリリースされた。

2012–13: Acting and Unapologetic
2012年初めには、Rihanna をフィーチャーした2つのコラボレーションがリリースされた:Coldplay(コールドプレイ)の アルバム『Mylo Xyloto(マイロ・ザイロト)』から “Princess of China(プリンセス・オブ・チャイナ) と、Drakeと同じ名前の彼のアルバムからの “Take Care(テイク・ケア)”。
2012年2月には、2012年のグラミー賞で自身3度目となる最優秀ラップ/歌唱コラボレーション賞を勝ち取り、そして2年連続で2012年BRIT Awards(ブリット・アワード)にて、最優秀インターナショナル女性ソロアーティストに投票された。2012年3月には、 RihannaとChris Brown(クリス・ブラウン)の間のコラボレーション作品が同時リリースされた:Rihannaのリミックス曲 “Birthday Cake(バースデーケイク)”とChris Brownの”Turn Up the Music(ターン・アップ・ザ・ミュージック)”。このレコーディングは、二人のDVの歴史にたいして、当然否定的な反応を主に受けた。
2012年9月には “We Found Love(ウィー・ファウンド・ラヴ)”が、その年のビデオ作品 でMTV Video Music Award(エムティーヴィー・ビデオ・ミュージック・アワード)を勝ち取り、かつて以上に称賛を受けたナンバーワン女性となった。Rihannaは彼女の最初の劇場フィーチャー映画Battleship(バトルシップ)で下士官(GM2)のCora Raikes (コーラレイクス)役を演じ、2012年5月18日にリリースされた。同じ名前にだらりと基づいたそのゲームは、映画とRihannaのパフォーマンスの両方に、否定的なレビューがミックスされたものを受けた;ニューヨーク•タイムズ紙は、彼女が「むしろ、一般的な役だけでいい」と述べた。最悪助演女優のためのGolden Raspberry Award (ゴールデン・ラズベリー・アワード)を、より肯定的で屈辱的なことに、Teen Choice Award(ティーンチョイス・アワード)を受賞した。RihannaはKaty Perry(ケイティ•ペリー)の作品にも出演した:Part of Me(パート・オブ・ミー)、Rihannaの友人のKaty Perryについての3D自伝ドキュメンタリーコンサートフィルム。 2012年8月19日、Rihannaは、Oprah Winfrey(オプラ•ウィンフリー)のアメリカのプライムタイムにあるテレビ番組Oprah’s Next Chapter(オプラズ・ネクスト・チャプター)の、セカンドシーズン、ファーストエピソードに登場した。この登場したエピソードは、Oprah Winfrey Network(オプラ•ウィンフリー•ネットワーク)の歴史の中で二番目に高い評価を獲得した。
Rihannaの7枚目のスタジオアルバム『Unapologetic(アンアポロジェティック)』は、2012年11月にリリースされた。アメリカでは、このアルバムは 238,000の売り上げをもって、Billboard 200における1位でデビューし、同国内で初の1位を作り上げた。さらに、Rihannaのキャリアの最も売れたデビューウィークであり、5枚目のスタジオアルバム『Loud』(2012年)に打ち勝った。このアルバムはイギリスでRihannaの3連続ナンバーワン、スイスで5位のアルバムだった。このアルバムからのリードシングル”Diamonds(ダイヤモンド)」 は、US Billboard Hot 100(ユーエス・ビルボード・ホット100)を含め、全世界20カ国以上の国で1位に達し、チャートの歴史上最も1位を獲得した、Madonna(マドンナ)やSupremes(シュープリームス)と言ったアーティスト達の4位に並んだ。
このアルバムのセカンドシングル“Stay” featuring Mikky Ekko(ミッキー・エッコ)は、Billboard Hot 100での3位を含め、20カ国以上でトップ5に達した。“Pour It Up”はアメリカでのセカンドシングル、全体ではサードシングルとしてリリースされ、Hot 100で19位に達した。アメリカ人ラッパーYoung Jeezy(ヤング・ジージー)、Rick Ross(リック・ロス)、Juicy J(ジューシー・ジェイ)、T.I.(ティー・アイ)とフィーチャリングしたオフィシャルリミックスは後に配られた。“Right Now”featuring David Guetta(デイヴィッド・ゲッタ)はこのアルバムの4枚目のシングルとして提供され、Hot 100で55位に達した。このアルバムリリース前のプロモーションとして、777 Tour(セブンハンドレッド・セブンティセブン・ツアー)に着手し、7日間、7カ国で7つのミニツアーを行った。このツアーのドキュメンタリーDVDが、後にリリースされた。
2013年2月には第55回グラミー賞で、ミュージックビデオからのベストショートフォーム部門では“We Found Love(ウィー・ファウンド・ラブ)”が選ばれ、6つのグラミー賞を勝ち取った。同じくこの2月に、Official Charts Company(オフィシャル・チャート・カンパニー)はRihannaがイギリス単独で、過去3,868,000枚のレコードを売ったとアナウンスし、2013年BRIT Awards(ブリット・アワード)でナンバーワンリストのアーティスト候補者として、ランキング入りした。
5回目となるヘッドライン・コンサート・ツアーDiamonds World Tour(ダイアモンド・ワールド・ツアー)は、2013年3月に『Unapologetic(アンアポロジェティック)』のサポートとして始まった。RihannaはSeth Rogen(セス・ローゲン)、 Evan Goldberg(イヴァン・ゴールドバーグ)のコメディフィルムThis Is the End(ディス・イズ・ディ・エンド)に出演し、2013年6月にリリースされた。同月、アメリカ人ヒップホップアーティストのWale(ワーレイ)は自身のシングル”Bad(バッド)” featuring Rihannaのリミックスバージョンをリリースした。2013年10月、Eminem(エミネム)はRihannaがアシストしたシングル“The Monster(ザ・モンスター)”を、彼の8枚目スタジオアルバム『The Marshall Mathers LP 2(ザ・マーシャル・マザーズ・エルピー・トゥー)』から、4枚目のシングルとしてリリースした。1位でUK Singles Chartにエントリーしたこの曲と共に、チャートの歴史上7年連続以上、各年に1位の記録した3人のアクトの1人として、 Elvis Presley(エルビス・プレスリー)とThe Beatles(ザ・ビートルズ)に加わった。この曲はまた、Billboard Hot 100で1位に達し、Rihannaの13回目のチャート上位を記録、マイケルジャクソンと共に、チャート55年の歴史上で、最も1位になったアーティストの3位となった。さらに、RihannaはMariah Carey(マライア・キャリー)(7年8か月19日)によって築かれた以前の記録を超え、最も早く記録到達した唯一のThe Beatlesと共に、13ナンバーワンに最も早く到達したアーティストとなった。

2014: Upcoming eighth studio album and Home
2013年12月、ラッパーのPitbull(ピットブル)はインタヴュー中に、Pitbullの歌”Timber(ティンバー)”でフィーチャリングするアーティストは最初Rihannaと考えられていたことを明かした。しかし、RihannaはShakira(シャキーラ)のセルフ・タイトルアルバムのリードシングルでフィーチャリングアーティストにならないかと、すでに尋ねられており、トラック録音する時間がないことを、Pitbullが公言した。このシングル”Can’t Remember to Forget You(キャント・リメンバー・フォアゲット・ユー)”は、2014年1月13日にShakiraのアルバムからのファーストシングルとしてリリースされた。
同月、Rihannaは自身の8枚目のスタジオアルバム制作を始めたとアナウンスされた。DJ Mustard(ディジェイ・マスタード)、David Guetta(デイヴィッド・ゲッタ)、Rodney “Darkchild” Jerkins(ロドニー・ダークチャイルド・ジャーキンス)Nicky Romero(ニッキー・ロメオ)のようなプロデューサー達と作業をしている。2014年2月25日、DreamWorks Animation(ドリームワークス・アニメーション)のCEO、Jeffrey Katzenberg(ジェフリー・カッツェンバーグ)は、次の3Dアニメ映画Home(ホーム)をベースとしたコンセプトアルバムをR ihannaがリリースする予定だと発表した。この映画はSteve Martin(スティーブ・マーティン)とJennifer Lopez(ジェニファー・ロペス)と並び、Rihannaも演出している。2014年6月、Rihannaは2010年10月以来RihannaをマネージメントしていたRoc Nation(ロック・ネイション)と完全に契約を結ぶため、Def Jam(デフ・ジャム)を離れた。

オフィシャルホームページ(英語):http://www.rihannanow.com/

 

 

■ALBUM■

Music Of  The SunRihanna-Music_Of_The_Sun-Frontal

A Girl Like Me
A Girl Like Me - Rihanna

Good Girl Gone BadRihanna-Good_Girl_Gone_Bad-Frontal

Rated Rget-attachment-aspx

LoudRihanna-Loud-Album-Cover

Talk That Talktalk_that_tal

Unapologetic71202hkagIL__AA1000_

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る