The Game

The-Game-Gucci

The Game(ザ・ゲーム)

本名:Jayceon Terrell Taylor(ジェイソン・テレール・テイラー)
生年月日:1979年11月29日(34歳)

アメリカンラッパーであり、俳優でもあるThe Game(またはGame)。Game(ゲーム)は西海岸のヒップホップシーンでよく知られ、Dr. Dre(ドクター・ドレー)の有名な弟子の1人としても知られる。カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ、2002年に初のミックステープYou Know What It Is Vol.1をリリース、JT the Bigga Figga(J・T・ザ・ビッガ・フィッガ)が経営する個人レーベルGet Low Recordzとのレコード契約をする。Gameのミックステープは、当初契約間際までになったレーベル会社Bad Boy Recordsの創設者であるSean Combs(ショーン・コムズ)の手に渡った。その5ヵ月後、ミックステープを聞いたDr. Dreにより発掘され、2003年には彼のAftermath Entertainmentと契約することになる。2005年のデビューアルバムThe DocumentaryとDoctor’s Advocate(2006年)により、知名度を上げた。アメリカレコード協会は2005年3月にThe Documentaryをダブルプラチナ認定をし、世界中で500万枚以上もの売上げを達成した。

2000年代に活躍したアーティストGameは西海岸ヒップホップシーンを主流に戻し、東海岸のヒップホップと競い合う駆動力になるだろうと考えられていた。GameはDr.DreとJimmy Iovine(ジミー・アイオビーン)によるG-Unitに所属していた。50 Cent(フィフティー・セント)との論争が原因で、Aftermath Entertainmentを去り、Universal Music GroupのInterscope-Geffen- A&Mの傘下であるGeffen Recordsと契約し、2006年夏にG-Unitとの契約関係を終えた。セカンドアルバムDoctor’s Advocateは2006年11月14日にリリースされ、ファーストアルバムに続き、連続してビルボード200で初登場1位を記録した。このアルバムでは、Dr.Dreの作品を1つもフィーチャーしなかった。Pitchfork Mediaは2005年アルバムトップ50で35位にファーストアルバムThe Documentaryを挙げた。Gameはグラミー賞ベストラップソングと大成功したシングル”Hate It or Love It”にてグラミー賞デュオ・グループベストラップパフォーマンスの2つの賞にノミネートされた。The New York Timesは2006年ベストヒップホップアルバムとして Doctor’s Advocateを挙げた。

次のアルバムLAXは2008年にリリース。4枚目のアルバムThe R.E.D. Albumにて、ビルボード200でまた初登場1位となった。音楽活動に加え、映画に出演し、The Black Wall Street Recordsを創設した。2011年9月、5枚目のスタジオアルバムJesus Pieceの制作を始め、2012年12月11日にリリース、Interscopeからの最後のアルバムがリリースされた。ミックステープOKEがリリースされた後の2013年10月12日、Birdman(バードマン)は、The GameはRepublic Recordsより分かれたCash Money Recordsと契約した。しかしながら、The Gameは契約はまだ最終決定したわけではないと後に述べている。

Early life
Game(本名:Jayceon Terrell Taylorジェイソン・テレール・テイラー)は1979年11月29日にカリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。コンプトンというロサンゼルスの地域でも低収入、犯罪数の多い地域に育ち、主にサンタナ・ブロックスで知られるクリスプというギャンググループがいる場所であるが、彼はブロッズのメンバーとして育てられ、ギャング同士の戦いと、賭博の世界に生まれた。2006年10月のMTV Newsの記者Sway Calloway(スウェイ・コロウェイ)とのインタビューで、自身の家族を「機能障害」と表現し、父親はGameの姉妹のうち1人に性的苦痛を与えていたと述べた。インタビュー後半では、幼い頃両親が車を運転しながら撃つ準備をしていたことを思い出したとも言っている。父親はNutty Block Crip(ナッティー・ブロック・クリップ)、母親はHoover Crippelette(フーバー・クリッパレット)と呼ばれていた。薬と銃はいつも身近にあった幼少期のTaylor。父親は麻薬中毒になり、両親ともによくコカインを使用していた。6歳の頃、Taylorの友人が10代の若者に服と靴をめぐって殺害されたとも述べている。
7歳の時、Taylorはフォスターケアー(グループホーム)で暮らすことになる。最初は他の子供にいじめられたが、彼の知性にケアーテイカ―が気づき、ホームの弟達や妹達の宿題を手伝うなどしていた。Taylorの人生を変えたのは、1989年頃、彼のアイドルであるラップグループN.W.AのラッパーEazy-E(イージー・E)に出会った時である。Taylorは思春期の間、たくさんの困難に耐えてきた。13歳の時、この時17歳だったTaylorの兄Jevon(ジェボン)が、ちょうどレコード契約をした直後に、ガソリンスタンドで撃たれた。Taylorは父親が関わっていると思っており、そうでなければ、兄が撃たれるはずかないと述べている。JevonはJayceonが病院を訪ねた翌日に亡くなっており、物事は上手くいく、失った時間を取り戻すと誓った。2年後、Taylorが15歳の時、フォスターケアーのシステムから出ている。父親がいないことから、母親であるLynette(リネット)と暮らし始め、初めは母親と揉めてばかりの関係だった。Taylorはコンプトン高校に通学し、そこのほとんどの生徒が加入しているギャングはCripsだった。しかし、彼の一番上の兄(血の繋がりは半分)、Big Fase 100(ビック・フェイス100)として知られるGeorge Taylor Ⅲ(ジョージ・テイラー・スリー)は、センテニアル高校に通学し、Cedar Block Piru Bloodsのリーダーであった。

高校では、Taylorは兄の跡を歩み始めたが、生まれつきの運動神経の良さからバスケットボールチームのポイントガードとしての才能を発揮し始めた時、運動に集中することに決め、陸上チームに所属し、色んなスポーツをするようになった。1999年、コンプトン高校を卒業し、ワシントン州大学に入学する。Taylorによると、大学へはバスケットボールの奨学金で入学したが、ドラッグを所有していたとこを捕えられ、退学となった。しかし、大学のアスレチック学部はTaylorが大学のプログラムに入学したことに対し異議を唱えており、薬のことについても否定している。大学を追い出された後、Taylorはストリートライフを楽しみ、薬を売ったり、銃を扱っていた。Gameと兄のBig Faseはコンプトンの中心部から離れたとこにあるベルフラワーというところにアパートを所有していた。そこに引っ越してすぐ、ドラッグトレードを独占していたが、長くは続かなった。2001年10月1日、Taylorがアパートに1人でいる時、午前2時にドアがノックされるのを聞いた。遅い時間の客だと思い、いつもの客に会うためにドアを開けた。ところが、その男は他に2人の連れをつれていた。Taylorと他の男との喧嘩が始まり、自分のピストルに手が届く前に、攻撃してきた男の1人から銃で5発撃たれた。数分倒れてたままでいた後、自分で携帯を使い、救急車を呼んだ。重症だったことから、3日間昏睡状態だった。

Music career
Early career (2002–03)
2001年後半、病院で銃撃による怪我の回復治療をしている間、Gameは兄にクラシックヒップホップアルバムを全部買ってくるように頼む。5ヵ月の間に、影響力のあったラップアルバムを数多く勉強し、ラッパーになるためのストラテジーを作った。兄のBig Faseの助けもあり、彼らは自身のレーベルを立ち上げた。Glasses Malone(グラシーズ・マローン)、Vita(ビータ)、Nu Jerzey Devil(ヌー・ジャージー・デビル)、そしてGame自身が所属していた。彼のステージ名は祖母が彼は何に対しても獲物のようだと言ったことから取った。Gameは最初、Russell Simmons(ラッセル・シモンズ)とLouis Farrakhan(ルイス・ファラーカーン)ホストによるヒップホップサミットに参加した時に人気となった。完全に回復した後、GameとBig Faseは一緒にミックステープを作った。2002年に初となるミックステープYou Know What It Is Vol. 1をリリースし、JT the Bigga Figgaが経営する個人レーベルGet Low Recordzとレコード契約することになった。

Gameのミックステープは、当初契約間際までになったレーベル会社Bad Boy Recordsの創設者であるSean Combsの手に渡った。その5ヵ月後、ミックステープを聞いたDr. Dreにより発掘され、2003年には彼のAftermath Entertainmentと契約することになる。2003年後半、Interscope RecordsのCEOであるJimmy IovineとDr. DreはGameの知名度を上げ、G-Unitにも興味をあおらせる為に、Gameを50CentとG-Unitを組ませた。Gameは50Centの”In da Club”のミュージックビデオで初めて映像に出演し、その中では女の子とダンスをしている。それから、50Cent、Lloyd Banks(ロイド・バンクス)、Young Buck(ヤング・バック)、Fabolous(ファボラス)など数々のビデオに出演している。次の2年半はデビューアルバムの制作に取り組んでおり、Dr.Dreに指導してもらっていた。
The Documentary (2003-05)
Aftermath EntertainmentとInterscope Recordsと契約していながらもアルバムを発売していなかったが、Gameはまだ自身を宣伝することができていた。Sean Combsの衣服会社Sean Johnの広告に登場したり、Boost Mobileと保証宣伝契約をし、Kanye West(カンイェ・ウェスト)やLudacris(ルダクリス)と共にコマーシャルに出演した。Gameは色んなミックステープにも頻繁に出演し、DJ Green Lantern(DJグリーン・ランターン)、The Diplomats(ザ・ディプロマッツ)やG-Unitのミックステープにもゲスト出演している。Gameが歌っている最初のシングルリリースは”Certified Gangstas”で、他にもJim Jones(ジム・ジョンズ)やCam’ron(キャムロン)をフィーチャーしている。そのシングルはそれほどの成功とはならなかったが、西海岸ラッパーとしては人気を上げることとなった。

2004年9月8日、デビューアルバムから最初にプロモシングル”Westside Story”をリリース。デビューアルバムのタイトルは最初、Nigga Wit’ An Attitude Volume 1(”Dreams”の歌詞にでてくるように)になるはずであったが、Easy-Eの婦人からアルバムのタイトルにN.W.Aの名前えを使わないようにとの指示があった。ということで、アルバムのタイトルはThe Documentaryになり、エグゼクティブプロデューサーとしてDr.Dreと50Centをフィーチャーした。このアルバムから”How We Do”と”Hate It or Love It”のヒットシングルが生まれ、後に2つのグラミー賞にノミネートされた。アルバムはビルボード200で初登場1位となり、全米で2005年の売上げベスト10位となった。英国でも初登場7位となり、世界中で500万枚以上の売上げとなった。2004年10月、Get Low RecordzからUntold Storyをリリースし、最初の3ヵ月で82,000枚を売上げた。このアルバムはSean T(ショーン・T)、Young Noble(Outlawzのヤング・ノーブル)、JT the Bigga Figgaなどをフィーチャーした。またGameはDJ Kayslay(DJ ケイスレイ)、DJ Whoo Kid(DJフー・キッド)やDJ Clue(DJクルー)などのDJによるミックステープにも出演した。また、自身のレコードレーベルから2枚目のミックステープYou Know What It Is Vol.2をリリースし、ビデオゲームのNBA Live 2004に挿入されているFredwreck(フレドレック)プロデュースによる曲”Can’t Stop Me”に出演している。

その年の後半、Eazy-Eの息子である、若いラッパーLil Eazy-E(リル・イージー・イー)はGameと相争うようになる。2人はとても近い関係にあり、レコーディングも一緒にしたこともあるほど。それ以来Lil Eazy-EはGameに対する数々のディス曲を作るようになり、その中で彼の父親の名前の誤使用についての怒りを表現していた。Gameはこれに対し、Lil Eazy-EはThe Documentary以来築いてきた成功を崩そうとしていると述べた。”120 Bars”という曲をリリースし、その中でLil Eazy-Eは自分で作曲をしていないと言っている。しかしながら、同じ楽曲の中で、Lil Eazy-Eの父親を尊敬しているから彼とは争いたくないとも表現している。それに対しLil Eazy-Eは”They Know Me”で返している。2006年10月30日、KDAYに出演し、そこでLil Eazy-Eとの確執は終わっていると述べた。

Dr.DreのネメシスSuge Knight(スージ・ナイト)もGameと確執中であり、Yukmouth(ヤクマウス)がSuge KnightがGameを平手打ちをしたと述べたことから生じた。Gameは自身のサイトで、もしSuge Knightが自分に本当に触っていたら、彼は「6フィート(180㎝)以下だね」と言っている。2005年BET賞の後、Death Row Recordsの関係者が彼らが招待されていたCiara(シアラ)主催のパーティーを中止にした。推定では、Death Row RecordsのメンバーがGameのネットワークを盗もうとしていたと言われている。Gameはサイトで、彼がSuge Knightを好きになれないのは「彼の危険にさらされた人生」だと述べている。マイアミで行われた2005年MTV Video Music Awardsで、Suge KnightはKanye Westのパーティーで見知らぬ者に撃たれ、怪我をした。Gameはこの襲撃には関係していないと全否定したが、この事件がヒップホップ界の確執を静めるきっかけとなり、その結果として報復をしようとしているイベントへは参加しないようにしていた。後、Gameやカリフォルニアのラップグループの代表者たちは、西海岸ラッパーたちのたくさんの争いを終わらせるために西海岸「平和条約」を立ち上げた。Suge Knightは参加はしていないが、彼らの確執は終わったと述べている。

Doctor’s Advocate, G-Unit and feud (2005-07)
2005年初め、G-Unitとの確執が始まる。Gameのデビューアルバムがリリースされる前に確執が公となり、Gameと50Centの間でも緊張が走っていた。The Documentaryがリリースされた直後、50Centはストリップクラブで起こった事件のことについて話し、Ja Rule(ジェイ・ルール)作詞によるNew Yorkが誤りであり、その後G-unitからGameが追い出された後、Fat Joe(ファット・ジョー)とJadakiss(ジェイダキス)に反応するために50Centと関わらないように行動をしていたと感じたと述べている。50Centはさらに、アルバム制作に対して適当な報酬をもらっていないとも述べており、アルバムでは6曲の作曲をしたが、Gameはそれらを拒否していた。この論争の間、Gameの側近メンバーの1人がニューヨーク・シティーのHot97スタジオで対立中に撃たれた。この事態が悪化していった後、50CentとGameは記者会見を開き、和解を発表した。ちょうどこの時に発売された2つのアルバムの宣伝のためではないかと、ファンは複雑な気持ちでもあった。しかしながら、事態が収まった後でも、G-UnitはGameとの争いを続け、メディアでの彼の信憑性を非難し彼らの支持なしでは、セカンドアルバムを作っても売れないだろうと述べた。GameはSummer Jamの出演中にこれに対して応え、G-Unitのボイコット同盟「G-Not」に乗り出した。

Summer Jamでのパフォーマンスの後、GameはミックステープYou Know What It Is Vol.3に収録されている曲”300  Bars and Runnin”でG-UnitとRoc-A-Fella Recordsに対しての「ディス」曲でお返しをしている。この楽曲はとてもユニークであり、14分間という長さで、この曲の中で他のアーティストやG-Unit全てのメンバーを批判している。 50 Centは”Piggy Bank”のミュージックビデオの中でお返しをしており、GameをMr. Potato Head(ミスター・ポテト・ヘッド)に見立てたり、他のライバルたちのパロディーなどもフィーチャーしていた。これ以来、お互いのグループはお互いを攻撃し続けた。Gameは2つのミックステープ、Ghost UnitとStop Snitchin, Stop Lyin(ミックステープとDVD)をリリース。 50 Centはその反証として”Not Rich, Still Lyin”をリリースし、Gameをあざけている。それに加え、G-Unitが数々のミックステープで反撃し、後の新メンバーSpider Loc(スパイダー・ロック)もGameに対して無礼を働くようになる。Gameはそれに対し、主にSpider Locに対する曲”240 Bars (Spider Joke)”で反応したが、そこでTony Yayo(トニー・ヤヨ)やラップグループM.O.P.にも対する曲にもなっており、”The Funeral 100 Bars”でも彼らについて歌っている。

GameとRoc-A-Fella Recordsの争いは、ライバルであるMemphis Bleek(メンフィス・ブリーク)と彼のレーベル名(Get Low Records)を巡って発展してしまった、というのも、Gameが以前契約していた(Get Low Recordz)と似ていたからである。シングル”Westside Story”でGameは「シャツのボタンはとめないし、メイバックも運転しない」とラップし、Jay-Z(ジェイ・ジー)に対するメッセージなのだが、GameはJa Rule(ジェイ・ルール)に対するものだとした。後にJay-ZはHot 97のFunkmaster Flex(ファンクマスター・フレックス)のラジオ番組でGameへ向けてフリースタイルをパフォーマンス。その中で繰り返し「ゲーム」という言葉を使用しており、ヒップホップファン達はそれはGameに向けられているものだと信じた。Gameは”My Bitch”の中で反応しおり、最初の詩はG-Unitに、次にJay-Z、3番目にはSuge Knightに対しての詩を書いている。

50 Centとの争いのため、GameはAftermath Entertainmentを去り、Universal Music GroupのInterscope-Geffen- A&Mの傘下であるGeffen Recordsと契約し、2006年夏にG-Unitとの契約関係を終えた。2006年11月14日にセカンドアルバムDoctor’s Advocateをリリース。このアルバムはGameはまだ良い音楽を作ることができ、Dr. Dreや 50 Centがいなくても成功することができると証明するために制作された。XXLマガジン11月号で、Gameはこのアルバム制作ではまだDr.Dreがプロデュースするとしていたが、XXLマガジンのインタビュー後の9月に、ラジオ局Power 105のインタビューにてDr.Dreはこのアルバム内の楽曲はプロデュースせず、まだ未発表の4曲をネット上でリリースするとしたがそれらの曲がアルバムに何故収録されないのかについては、特に理由はないと述べている。このアルバムはビルボード200にて初登場1位、初週売上げは358,000以上とした。

2006年10月、50 Centに対し平和条約を出したが、すぐには返事がこなかった。しかし、数日後Power 106にて、この約束はたった1日の為のものだと述べている。GameのアルバムDoctor’s Advocateで、彼は数曲にわたり争いは終わっていると言っている。伝えられるところによると、Tony YayoがCzar EntertainmentのCEO・Jimmy Rosemond(ジミー・ローズモンド)の14歳の息子を平手打ちしたことから、争いが悪化している。Young Buckが50 CentによってG-Unitから外されたことから、GameとYoung Buckのインタビューが相次ぎ、その中でお互いに問題はなかったと述べている。あるインタビュー中、Young BuckはGameのサポートには気づいていたし、Lloyd Banks(ロイド・バンクス)とTony Yayoは彼と心を通わせていなかったと述べている。

LAX and The R.E.D. Album (2007–12)
Gameは5月16日に106 & Parkに出演し、LAXが最後のスタジオアルバムになると発表した。当初、Dr. Dreがこのアルバムのプロデュースをするとされていたが、Dr. DreもAftermath Entertainmentも公式発表はしていない。このアルバムはヘビーメタルバンドSlipknot(スリップノット)のAll Hope Is Goneとビルボード200にて直接対決することとなり、両アルバムは2008年8月22日の発売であるため、ビルボード200で初登場1位の座を競う合うこととなった。LAXが結局はビルボード200で初登場2位という結果となったが、最初はLAXが売上枚数13枚差という僅差でAll Hope Is Goneの上をいくはずであった。最初は、ビルボードは13枚差という「1991年にNielsen SoundScanがデータ収集を始めて以来、一番数値が近い」と説明し、The Gameがトップの座を獲得したとの記事が出た。SlipknotのレーベルであるWarner Music GroupとRoadrunner RecordsはSoundScanに再集計するように頼み、それは歴史上初のことであった。Nielsenは再集計をし、LAXは238,382枚で2位、Slipknotは239,516枚で1位、1,134枚差となった。再集計をした12時間後、記事は編集され、Slipknotは239,516枚という記録で1位の座を獲得することとなった。このアルバムでは4枚のヒットシングル、R&BシンガーKeyshia Cole(キーシャ・コール)との”Game’s Pain”、Blink-182のドラマーTravis Barker(トラビス・バーカー)との”Dope Boys”、ラッパーLil Wayneとの”My Life”、R&BシンガーNe-Yo(ニーヨ)との”Camera Phone”を生んだ。このアルバムは全米で660,100枚を売上げた。

2009年5月、Gameは新しいアルバムThe R.E.D. Albumの制作を開始したと発表された。2009年6月26日、Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)が亡くなった翌日、彼への贈物として”Better on the Other Side”をリリースした。この曲ではDiddy(ディディー)、Mario Winans(マリオ・ワイナンズ)、Chris Borwn、Usher(アッシャー)そしてBoyz Ⅱ Man(ボーイズ・ツー・マン)をフィーチャーしている。2009年10月3日、Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)は自身のツイッターにDr. DreとGameと一緒にスタジオで仕事をしている様子の写真を載せている。この写真は前日に撮影されたもので、以前のG-Unitのレーベル仲間である50 Centが原因でその後2つのアルバムをGeffen Recordsからリリースするなどのいざこざがあって以来、数年振りに初めてGameとDr. Dreが一緒に働くこととなった。後の2010年1月上旬、たくさんのAftermathチェーンをつけた写真をツイッターの載せており、「物事がフル・サークル(元に戻る)になるのはおもしろい」とのキャンプションをつけていた。後に、Aftermath Entertainmentに戻ったことを認めた。2011年6月3日、Pitchfork MediaはGameは現在Odd FutureのTyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)と楽曲”Martians vs. Goblins”の制作をしていると発表している。2011年8月23日にThe R.E.D. Albumはついにリリースされ、ビルボード初登場1位を記録し、初週売上げを98,000枚とした。

Jesus Piece and OKE (2012-13)
予定よりだいぶ遅れてリリースとなった4枚目のアルバム発売のすぐ後、Gameは5枚目のアルバム制作に取り掛かっていることを発表した。”Soundtrack to Chaos”と題したこのアルバムでは、「有名人の名前を挙げる」ことや、ボーカルとしてアーティストのゲスト出演は一切ないとした。2012年3月、アルバムのタイトルをF.I.V.E : Fear Is Victory’s Evolutionに変更し、Interscope から最後のアルバムリリースとなると発表したが、8月28日、新しいタイトルJesus Pieceを発表した。

11月8日MTVのインタビュー中、GameはJesus PieceがInterscopeとの契約が終わる前の最後のアルバムになると述べ、Maybach Music GroupとCash Money Recordsと新レコード契約の可能性があると話した。また、個人的に音楽をリリースすることも考えていると述べている。

2012年12月11日にアルバムをリリースし、Lil Wayne、Big Sean(ビック・ショーン)、J. Cole(J・コール)、Jamie Foxx(ジェイミー・フォックス)、Wiz Khalifa(ウィズ・カリーファ)、Tyga(タイガ)そしてChris Borwnや他のアーティスト達をフィーチャーしている。このアルバムの宣伝として、週刊でフリーで音楽を提供する”Sunday Service”を実施した。全ての楽曲はJesus Pieceに収録しきれなかった物である。また、将来Chris BorwnとコラボLPを制作することに興味があると述べた。GameはJesus Pieceのコンセプトはスピリチュアルなものではなく、神へ信仰しながらも”ギャングスター”としての生活を楽しむテーマを取り込んでいると説明している。Jesus Pieceはマルチプラチナ認定を受け、最高の評価を受けたThe Documentary以来、初めてDr. Dreからの作品をフィーチャーしたアルバムとなった。Gameはソーシャルメディアに対し、アルバムのリリースまで毎週日曜日に新しい音楽を提供するとし、それらは最終的にはアルバムに収録されなかった曲である。Gameは作品の質とDr. DreのThe Chronic 2001に勝るゲストの数を比べた。このアルバムのリリースにさいし、評論家達からは良い評価を受けている。ほとんどの評論家達は作品やゲスト、アルバムを評価している。Jesus Pieceはビルボード200初登場6位となり、全米で初週86,000枚を売上げている。2013年7月26日現在、Nielsen SoundScanによると281,000枚を売上げている。

2012年11月30日、Gameとラッパー仲間のStat Quoが新しいレコードレーベルRolex Recordsを始めると発表した。両者ともに新しい音楽のリリースにこのレーベルを使い、他のアーティストの契約もするという。2013年10月1日、Gameは公式にInterscope Recordsを去り、現在はフリーだと発表した。翌日Artistdirectに対し、Cash Money Recordsとの契約を結ぶことになりそうだが、最終の公式な発表はおそらく2014年1月頃になるだろうとも述べた。また、いつかコラボアルバムの制作をするかもしれないとの話を、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)、Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)、そしてSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)らとしていると語った。

10月8日、The GameはInterscopeを去って以来、初めてのプロジェクトであるミックステープKill Everythingをリリースした。このミックステープはToo Short(トゥー・ショート)、Schoolboy Q(スクールボーイ・Q)、Chris Borwn、Lil Wayne(リル・ウェイン)、Problem(プロブレム)、Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)、Juicy J、Young Jeezy(ヤング・ジージー)、Stat Quo(スタット・クオ)、Ty$(タイズ)などのゲスト出演をフィーチャーした。ミックステープがリリースされた翌日、XXLマガジンのインタビューにて、6枚目のスタジオアルバムの制作を開始し、Cool & Dreに主にプロデュースしてもらうと発表。また、Warner Bros. Recordsとのレコード契約について話し合い中だと述べ、Interscopeと再契約をする可能性もまだあるとも語った。翌日、The GameはiTunes用にデラックス版OKEをリリースし、2つのボーナストラックに、Scarface(スカーフェイス)との曲”Hollywood”を含んでいる。

Blood Money compilation and The Documentary 2 (2013-present)
2013年10月12日、BirdmanはThe GameはCash Money Recordsと契約したと発表し、Gameも同日にそれを一見認めたかのようだった。2013年12月11日Gameは公式にCash Money Recordsと契約していないと述べ、「まだCash Moneyにとって何がベストが、自分にとって現時点で何がベストか模索している段階。家族同然だし、今ここが自分の場所」と言っており、「まだ何も公式に決まってはいないが、今自分が寄りかかっているところだよ」と述べている。2014年6月16日、The Gameはコンピレーションアルバムの最初のシングル”Bigger than Me”をリリース。この曲はロックグループPolica(ポリカ)の2013年のシングル”Warrior Lord”を大々的に見本としている。翌日、The GameはデビューアルバムThe Documentaryの続編である6枚目のスタジオアルバムを2015年1月にリリースすると発表し、Just Blaze(ジャスト・ブレイズ)とScott Storch(スコット・ストーチ)と共にDr.Dreがプロデューサーとして戻ってくると述べている。また、このアルバムでNicki Minaj(ニッキー・ミーニャ)をフィーチャーしたいとも言っている。”Blood Moon : Year of the Wolf”よりセカンドシングル”Or Nah”が2014年7月1日にリリースされている。

オフィシャルサイト(英語):http://www.comptongame.com/

▼ALBUM▼
The Documentary (2005)
the-game-the-documentary-20735-hd-wallpapers

Doctor’s Advocate (2006)
Doctor's Advocate-rizoh.com

LAX (2008)
MI0001532158

The R.E.D. Album (2011)
the-red-album-artwork

Jesus Piece (2012)
TheGame-jesus-piece1

The Documentary 2 (2015)
gamedoc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る