WALE

MMG-Wale

Wale(ワーレイ)

本名:Olubowale Victor Akintimehin
生年月日:1984年9月21日(29歳)

ワシントンDC出身のアメリカンラッパー、Wale(ワーレイ)。彼の曲”Dig Dug (Shake It)”が地元で人気となった2006年に人気が上がった。地元で知名度が上がり、地域の人々の為に収録をし続けた。2006年にプロデューサーのMark Ronson(マーク・ロンソン)がWaleを発掘し、2007年にAllido Records(アリド・レコーズ)と契約をした。このレーベルとの契約中、いくつかのミックステープをリリースし、MTVなどのメディアやいくつかのアーバンマガジンにも出演した。

2008年、Waleは130万ドルでInterscope Records(インタースコープ・レコーズ)と契約し、2009年にデビューアルバムAttention Deficitをリリースし、シングル”Chillin”、”Pretty Girls”、そして”World Tour”が収録されている。出荷枚数が少なかったものの、評論家達からは良い評価を受けている。2011年初め、Rick Ross(リック・ロス)のMaybach Music Group(メイバッチ・ミュージック・グループ)と契約し、2011年5月23日にこのレーベルからコンピレーションアルバムSelf Made Vol.1をリリースした。2011年11月1日にはセカンドアルバムAmbitionがリリースされ、様々な評価を得た。2013年6月25日にリリースされた3枚目のアルバムThe Giftedでは主に良い評価をもらい、ビルボード200では初登場1位となった。
Early life and career beginnings
ナイジェリア系アメリカ人のWale(本名: Olubowale Victor Akintimehinオルボワーレイ・ビクター・アキンテメヒン)はワシントンD.C、北西地区に1984年9月21日に生まれた。両親はナイジェリア南西のヨルバ人であり、1979年にオーストリアから米国に渡ってきた。家族は最初、ワシントンD.C北西地区に住み、Waleが10歳の時にモントゴメリー地区に引っ越した。2002年、メリーランド州ガイサーズバークにあるQuince Orchard高校を卒業し、後にメリーランド州・プリンスジョージ地区・ラーゴに引っ越す。フットボールの奨学金制度にてロバート・モリス大学とバージニアステイト大学に在籍し、後にボウィーステイト大学に転校するが、勉学の理由で退学している。フットボールの試合とワシントン・レッドスキンズの大ファンだったことから、タイトエンドChris Cooley(クリス・クーレイ)のタトゥーがあると長い間噂があった。HBOで放送されているThe WireでChris Partlow(クリス・パートロウ)役を務めているGbenga Akinnagbe(グベンガ・アキンナグベ)はいとこである。

”Rhyme of the Century”は初めての収録曲。地元ラジオ局で流れた初めての曲である。2006年The Sourse magazineの”Unsigned Hype(未契約アーティストの広告)”コラムで取り上げられた。2006年地元のレーベル会社Studio 43と契約することになる。”Dig Dug (Shake It)”がメリーランド州とバージニア州のワシントンD.Cで人気となり、これはゴーゴーバンドNortheast Groovers(ノースイースト・グル―バーズ)のパーカッションプレイヤー、Ronald “Dig Dug” Dixon(ロナルド・ディグ・ダグ・ディクソン)への贈物でもある。D.Cのラジオで地元のアーティストでは今までで最もリクエストの多い曲となり、1990年代初めのDJ Kool(DJクール)以来、BDSで話題となった初のローカルアーティストとなった。この曲は自身初のミックステープPaint a Pictureの中に収録されている。2006年7月、今までマネージメント経験のない元クラブDJでプロモーターであるDaniel Weisman(ダニエル・ウェイズマン)の作品に出演。WeismanはワシントンD.Cの友人によりこのラッパーの情報を入手し、マイスペースを通じて連絡をとった。2006年9月、Huck-a-Bucksの”Sexy Girl”をサンプリングした、ゴーゴー色のシングル曲”Breakdown”を制作し、The Washington Postで話題となった。2006年9月14日、初のゴーゴー曲ではないオリジナル曲”Uptown Roamers”をリリース。この曲はチャンネル66のXMラジオでデビューし、1日2回放送された。”Breakdown”と”Uptown Roamers”の両曲はWaleのセカンドミックステープのHate Is the New Loveに収録されている。”Breakdown”はビデオゲームMadden NFL 2009の中でフィーチャーされている。2006年11月、WKYのGo-Go AwardでD.C. Metro Breakthrough Artist of the Yearという賞を受賞している。12月15日、雑誌The Faderのアソーシエイト編集者Nick “Catchdubs” Barat(ニック・キャッチダブス・バラット)がWaleを訪ね2007年3月版用のインタビューと写真撮影を行った。マネージャーのWeismanはHitQuartersに音楽・文化・ファッションを載せたThe Faderの特集はWaleにとって「クールでスマートで、Drake(ドレイク)のようになるであろう将来有望のヒップホップアーティスト」という位置づけをした重要なものになったと語っている。
2007–2009: National attention and major label signing
2007年1月TeamMusicGroupのGerard Thomas(ジェラード・トーマス)とDemario Bridges(ディマリオ・ブリッジズ)プロデュースによる”Good Girls”という新曲をラジオ向けにリリースした。後にLily Allen(リリー・アレン)の”Smile”をリミックスしたMark Ronsonの曲に出演しており、RonsonのセカンドアルバムVersionをプロモートしたUKツアーにてヘッドライナー役をしている。2007年6月、RonsonのAllido Recordsとプロダクション契約している。2010年5月、Waleは毎年行われているブラック・ゲイのイベントDC Black Prideでのパフォーマンス予定を突然キャンセルした。イベント主催者へのメールで、Waleのマネージャーは、演出することを決めた時、同性愛者のイベントとは知らなかったとしている。しかし、2010年5月28日、タダでヘッドライナーと一緒にパフォーマンスをすると発表。2007年7月11日、3枚目のミックステープ100Miles & Runningをリリースし、自身のマイスペースから無料でダウンロードができるようになっていた。このミックステープにはMark Ronson、Daniel Merriweather(ダニエル・メリーウェザー)、Amy Winehouse(エイミー・ワインハウス)、そしてLily Allenが出演している。この曲は、マンハッタンにある the Highline Ballroomで行われたパフォーマンスと同じ日にリリースされた。Highlineでのショーは、Mark Ronsonのアルバムの全米リリースを宣伝するためのものであり、Mark Ronson、Wale、Saigon(サイゴン)、そしてDaniel Merriweather、Jay-Z(ジェイ・Z)、 Beyoncé(ビヨンセ)、 Kanye West(カンイェイ・ウェスト), Maroon 5(マルーン・ファイブ), Clive Davis(クリーブ・デイビス), Eve and Danny Masterson(イブ・アンド・ダニー・マスターソン)などといったアーティスト達が出演した。ここで、WaleはMTV Newsの記者J.D. Tuminski(J.D.ツミンスキー)から初めて全国向けのテレビのインタビューを受け、2007年8月16日に放送された。Waleのミックステープ100Milesより、Justice(ジャスティス)の”D.A.N.C.E.”をリミックした”W.A.L.E.D.A.N.C.E.”をRonsonと共に2007年MTVビデオ・ミュージック・アワードで披露した。The Washington Postは2007年10月21日版のSunday StyleのフロントページでWaleを取り上げた。WaleはフレンチエレクトログループのJusticeと共にURB第150号で表紙を飾った。

2008年3月、Mark RonsonのAllido RecordsとRhymefest(ライムフェスト)とDaniel MerriweatherがAllidoのアーティストとして加わるInterscopeのジョイントベンチャー契約をする。Epic Records(エピック・レコーズ)、Atlantic Records(アトランティック・レコーズ)、Def Jam(デフ・ジャム)がWaleと契約するために競った。5月30日、4枚目のミックステープThe Mixtape About Nothingをリリースし、ほとんどでBest Kept Secret(ベスト・ケプト・シークレット)がプロデュースしている。Waleはテレビ番組Seinfeldがこのミックステープのきかっけとなったと述べている。「このテレビ番組の『正直な会話』が彼の歌詞スタイルに反映していて、ギャングスターラップ口調を避けてポップカルチャーや政治のことについてよく言及している」Interscopeと共に歌った後、メジャーデビューへ向けての制作を開始、2008年、the Washington Post Companyから出版されている新聞Expressのインタビューでは”Shades”という曲をChrisette Michele(クリスエット・ミシェル)と収録を行い、黒人同士の人差別問題について語り合っているものだと語った。InterscopeレーベルのDJ Greg Street(DJ・グレッグ・ストリート)のシングル”Dope Boys”にも出演しており、Lupe Fiasco)ループ・フィアスコ)とKardinal Offishall(カーディナル・オフィシャル)と一緒に、ヒップホップクラシックT.R.O.Y.をサンプルしたものである。また、ラップデュオYoung Gunz(ヤング・ガンズ)のラッパーYoung Chris(ヤング・クリス)はWaleとのコラボミックステープ制作の計画を始めた。

2009年6月19日、5枚目のミックステープBack to the Featureをリリース、全曲中11曲が9th Wonderによってプロデュースされ、Mark Ronsonやその他からのコントリビューションもある。映画Back to the Futureと名前の対立をしたこのアルバムのタイトルは、曲に参加したK’naan(クナーン)、Tamere Guess(タマラ・ゲス)、Talib Kweli(タリブ・クウェリ)、Joell Ortiz(ジョエル・オーティツ)、Beanie Sigel(ビニー・シーゲル)、Curren$y(カレンシー)、J.Cole and Bun B(Jコール・アンド・バンB)を含むラッパーたちの長いリストを表している。このミックステープはVibeマガジンとウェブサイトPitchfork Mediaからは良い評価を得ているが、CokemachineglowのColin McGowan(コリン・マックゴワン)は「(このアーティストは)前進もしてなければ後退もしておらず、成功の見込みすらない」と述べている。オーストラリアのシンガーソングライターDaniel Merriweatherの曲”Change”でゲスト出演をしている。この曲はMerriweatherとAndrew Wyatt(アンドリュー・ウィエート)作詞、Mark Ronsonプロデュースである。全米とカナダで2009年1月30日にリリースされ、英国では2009年2月2日にリリースされた(初登場8位となった)。この曲はMerriweatherのアルバムLove & Warに収録されている。9月13日、UCB(Uncalled 4 Band)-The Board Administration artistsのDCをベースとするミュージシャンと共に、Wsleは2009年MTVビデオ・ミュージック・アワードにて公式ハウスバンドとして出演した。
2009–2010: Attention Deficit
2009年11月10日、デビューアルバムAttention Deficitは主に良い評価を得る。100を基準として評価をするMetacriticでは、21のレビューで77ポイントを記録した。ビルボード200では初登場21位、初週売上げは28,000枚となった。InterscopeはLP版は出荷不足であり、それは売上げが低いためとしている。WaleのマネージャーDaniel WeismanはInterscopeは十分な枚数の出荷をしなかったと主張。このアルバムからの最初のシングルは、Lady Gaga(レディー・ガガ)をフィーチャーした”Chillin”、続いてGucchi Mane(グッチ・メイン)とWeensey(ウィーンジー)をフィーチャーした”Pretty Girls”、Jazmine Sullivan(ジャズミン・サリバン)をフィーチャーした”World Tour”と続いている。このアルバムのその他のゲストとして、Pharrell(ファーレル)、Bun B、Chrisette Michele、K’Naan、Marsha Ambrosius(マーシャ・アンブロシアス)、J. Cole、そしてMelanie Fiona(メラニー・フィオナ)が出演している。2010年3月、ラッパーのWaleとK’Naanは共同でアメリカ東海岸を渡るヘッドライニングツアーを始めると発表し、3月下旬ニューヨーク・シティーからスタートするとした。Waleによると、Gucchi Mane、Waka Flocka Flame(ワカ・フロッカ・フレイム)、Sean Garett(ショーン・ガレット)、そしてDrumma Boy(ドラマ・ボーイ)とスタジオにいる。

2010年8月3日、DJ Omega(DJ オメガ)ホストによる6枚目のミックステープMore About Nothingをリリース、マーケティングエグゼクティブLe’Greg O. Harrison(ル・グレッグ・O・ハリソン)と共同設立した独立レーベル会社The Board Administrationの下リリースされ高評価を受けたThe Mixtape About Nothingのフォローアップ作品である。More About Nothingは90分間で100,000以上のダウンロードという結果でネット上で旋風を起こした。More About NothingはWaleの大勢に受け入れられ、成功するまでの苦境に対するフラストレーションを表現するためにライムや言葉遊びで上手にシットコム番組の要素を含んでいる。Wiz Khalifa(ウィズ・カリーファ)、Waka Flocka(ワカ・フロッカ)、Daniel Merriweather、UCB、Board AdministrationアーティストのTiaa Thomas(ティアナ・トーマス)、Black Cobain(ブラック・コバイン)、Fat Trel(ファット・トレル)、そしてNBA PlayerでDC NativeのKevin Durant(ケビン・デュラント)をフィーチャー。2010年後半には、Kanye WestのG.O.O.D. Fridaysプロジェクトに印象を受け、以前のミックステープからの楽曲を自身のウェブサイトからフリーでダウンロードできるように毎週木曜日に再リリースし、これを”Throwback Thursday”と名付けた。この楽曲のゲストは、Bun B、Pusha T(プーシャ・T)、John Mayer(ジョン・メイヤー)、Lil Wayne(リル・ウェイン)、そしてK’Naanである。
2011: Ambition
2011年2月5日、スーパーボウルXLV祭の最中に、Rick RossのMaybach Music Groupと契約することを公表した。Rick Rossサポートの下、自分が信じていることを音楽にして表現し続けることができると語った。2009年以来、WaleはJay-ZのRoc Nationとマネージメント契約をしており、J. Cole、Mark Ronson、Melanie FionaやRihanna(リアーナ)などもいる。2011年5月6日、2011年発売予定の2つのアルバムについてMTV Networksで語っている。同じ月の後半、セカンドアルバムとなるAmbitionが準備中であるとし、MaybachとWarner MusicGroupsの下、2011年秋にリリース予定であるとした。Ambitionの制作は、The Board AdministrationのプロデューサーTone P(トーンP)と共にジョージア州アトランタにあるZAC Recordingで行われた。Ambitionの見越しは、WaleのレーベルThe Board Administrationから出されたミックステープThe Eleven One Eleven Theoryのリリースと大々的な宣伝により駆り立てられた。The Eleven One Eleven Theoryは2011年8月17日Life and TimesにてWaleのツイッターフォロワー数が百万人に達したことを記念してデビューし、2011年11月1日にリリース予定のAmbitionが広がることを見越して計画的に作られた。このマーケティング戦略はThe Board AdministrationのCEO、Le’Greg O. Harrisonの考案であり、情報通のソーシャルメディアインテグレーションを通じて作成され、リンクをポストして4秒後にファイルシェアリングサイトとして有名なHulkshareを初めてシャットダウンするという結果になった。WaleはHulkshareを公式にクラッシュした初の主アーティストとなった。

2011年9月7日、32都市で開催する国内ツアーThe Ambitionを2011年10月2日ミネソタ州ミネアポリスから始め、2011年12月まですると発表。The Board AdministrationのアーティストBlack Cobain(ブラック・コバイン)は、それぞれの日程でオープニングアクトを公式に務め、続いてローテンションでRick Ross、Meek Mill(ミーク・ミル)、Pusha T、J. Cole、Big Sean(ビック・ショーン)、Miguel(ミギュエル)や他のアーティストが出演している。このツアーはNUE Agencyにてブックされていた。2011年9月28日、Ambitionの制作が終了し、Miguelをフィーチャーしたシングル”Lptus Flower Bomb”がリリースされたとツイッターで発表された。2011年9月29日、Funk Master Flex(ファンク・マスター・フレックス)がRick RossをフィーチャーしたWaleの”Tats on my Arms”に初登場。翌日、Ambitionのアルバムカバーをリリース。2011年10月14日、Kid Cudi(キッド・キューディ)をフィーチャーした”Focused”をリリース。公式のAmbitionには15曲がリスティングされている。The Board Administrationは前代未聞の強力なソーシャルメディアキャンペーンを打ち出し、Ambitionを大々的に宣伝した。このプロモーションキャンペーンは5つのパートからなるドキュメンタリーの「メイキング」を含み、#Ambitionをハッシュタグにしたツイッターのキャンペーンを中心に、Waleから毎日新しい音楽とビデオのリリース、Warner Music GroupとMaybach Music GroupよりAmbitionリストバンドやグラフィックTシャツといった購入用の宣伝もされた。これらの努力は、Sucker Free Road to ReleaseをホストしていたMTVなどのネットワークからの「メイキング」エピソードをテレビ放映されることでも支えられている。

今までにないWaleのAmbitionの宣伝は、現在1番人気のシェアリングサイトHulkshareとThe Board Administrationが作ったパートナーシップも含んでいる。毎日300万人以上がHulkshareを常習的に使用しており、このコラボを通じて全てのHulkshareのバーナー広告でWaleのプロフィール、そしてアルバムリリースまでの日にち・秒刻みのカウントダウンを見ることができるようになっている。

2011年10月27日、アルバムをプレビューした人たちへ、You TubeにてAmbitionを少しだけ公開した。同じ日の後ほど、Gansevoort Hotel of Chelsea New Yorkで行われたプライベートのAmbitionメディアリスニングイベントでは、音楽エグゼクティブ、ブロガー、アーティスト、ヒップホップのトップ達が顔を揃えた。2011年11月2日、MyspaceとHot 97はニューヨーク・シティーにあるThe Highline BallroomにてAmbitionの夜中のリリースショウにWaleとその仲間たちを招待した。このイベントはMiss Info主催で、スペシャルゲストDJ Funkmaster Flex(DJファンクマスター・フレックス)をフィーチャーしている。このアルバムはビルボード200で初登場2位、初週売上げは162,600枚となった。アルバムへの評価は様々である、Waleの地元のWashington City Paperではネガティブな評価となっていた。しかし、Metacriticでは現在100中69ポイントを保持しており、「まあまあ好き」という評価を表している。
2012–present: The Gifted and The Album About Nothing
2011年11月25日、Ambitionリリースからわずか後に、ツイッターにて3枚目のアルバム制作に既に取り掛かっていると発表。2012年1月のUp Venueでのインタビューでは、3枚目のアルバムを正式に認め、自身の成長についてフォーカースしていると述べた。Maybach Music GroupのセカンドスタジオアルバムSelf Made Ⅱでフィーチャーされた。2012年12月24日には、DJ Clark Kent(DJ クラーク・ケント)ホストによるミックステープFolarinをリリース。2012年12月6日にはFolarinの予告をリリースしていた。また、2013年にリリース予定の3枚目のスタジオアルバムの制作も始めた。ミックステープでは、Rick Ross、2Chainz(ツー・シャインツ)、Scarface(スカーフェイス)、Nipsey Hussle(ニプシー・ハッセル)、French Montana(フレンチ・モンタナ)、Tiara Thomas(ティアラ・トーマス)、Lightshow(ライトショウ)、Trinidad James(トリニダード・ジェイムス)やその他がゲストとしてフィーチャーされた。プロダクションはHit-Boy(ヒット・ボーイ)、Jake One(ジェイク・ワン)、Cardo(カルド)、Diplo(ディプロ)Beat Billionaire(ビート・ビリオネア)、Rico Love(リコ・ラブ)、その他からである。

3枚目のアルバムについてWaleが語っている時、「1つ1つとてもソウルフルになっている。」と述べ、ファーストシングルの”Bad”はこの制作で目指したかった方向の良い方へ向かっているとも述べている。このアルバムは2013年6月25日の発売を予定され、4枚目のアルバムが数か月後の発売を予定している。4枚目のアルバムはJerry Seinfield(ジェリー・サイエンフィールド)とコラボしており、タイトルはThe Album About Nothingと発表している。後に、このアルバムでプロデューサーNo I.D.ともコラボしていると述べている。また、2013年中にはMeek Millとのコラボミックステープをリリースする予定だとも述べていた。

2012年12月、WaleはGo-Goアルバムのリリース計画を発表し、「このアルバムは自分自身のために出したいんだ。これを発表するのは2回目だけど、次のアルバムのあとにGo-Goアルバムを出すよ。俺が言っているのは安っぽいGo-Goじゃない。筋道通ったものだ。自分がラップするのは全体の40%くらいになると思うけど、音は出していくよ」と語っている。

The Giftedを大々的に宣伝するために、Funのリミックス”Sight of the Sun”を同じ曲名でリリース。この曲はAttention Deficitの前にリリースされた”Bittersweet”や”Fly Away”に似ている。

 

オフィシャルサイト(英語):http://www.mmgselfmade.com/

 

▼ALBUM▼

The Mixtape About nothing (2008)
CS1829798-02A-BIG

Attention Deficit (2009)
attention-deficit-4f06258201bbb

Self Made Vol. 1 (2011)
MMG_SELFMADE_VOL1_FINAL_EXPLCT

Ambition (2011)
wale-ambition

Self Made Vol. 2 (2012)
self-made-2-artwork

The Gifted (2013)
the-gifted-1024x1024

Self Made Vol. 3 (2013)
self-made-3

The Album About Nothing (2014)
tumblr_n96syxQOFo1rtyhrwo1_1280

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る